ただ一葉 

ガラス工芸家 瀬沼健太郎

日々のことやものづくり、展覧会情報などをご紹介しています。


ホームページを公開しています。
http://kentarosenuma.jimdo.com/
*CATEGORIESの「瀬沼健太郎ウェブサイト」よりご覧下さい。*

English site
http://kentarosenuma-glass.jimdo.com/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
個展「礫」開催に寄せて


作品は出来上がってからその意味に気づくという話です。


以前どこかで読んだ山口晃さんの「透明な技術」という言葉がずっとひっかかっていました。ものすごく大雑把にいうと、技術は無いと不足だが、それを感じさせないほど磨かなければならない、見る人を作者の意図するところへ素直に導くものが技術だといった話だったと記憶しています。
この言葉がとても胸に刺さりまして、以後、自分にとって作者の意図とはなんだろう?そのための技術とは何だろう?とぼんやりと考え続けていました。

返って、僕が花を入れた作品を初めて作ったのは2000年ですから紆余曲折がありつつもかれこれ12年くらい花とガラスの関係について考えてきたことになります。

その間、作家活動を半ば休んでいたこともありましたが、近年独立してからはほぼ花入ばかりを制作しています。
花入を作るには花のことも知らねばならぬという思い込みや、誰に花を頼んでいいかわからなかったこともあって自ら花を入れるようになりました。


花を入れる中で、自分の表したいこと伝えたいことが少しずつ輪郭を帯びてきました。

それは利休居士の「花は野にあるやうに」という言葉に象徴されます。この言葉は様々に解釈されているように花展などを拝見すると思われますが、僕は「人為を尽くして人為を感じさせず」この一点に尽きるのではないかと思うようになりました。

花に自己表現を求めるわけでもなく、ただそこにもともとあるような、ギャラリーや家庭や床の間に山野の空気をそっと立ち上げるような花に憧れ、そのための舞台をガラスによって用意したいと思うようになりました。

それは人為(技術)を尽くしてそれを見せずに「素」「自然」を表すという行為です。

今回の礫(つぶて)というタイトルも、ただ石くれのような「素のガラス」を、人為を尽くして作ることはできないかという試みの表れのように思います。

そんなことをギャラリーに並べた作品達を眺めて確認し、同時に自分の未熟に気づき、悶々として過ごす個展前夜なのであります。
ものづくり 21:37 comments(0)
感じるという豊かさ
「ものを作ること」「作品を作ること」がどれほどの価値があるのか、どれほどの意味があるのか、無力感に打ちひしがれた日から1年が経ちました。

「人にはそれぞれ役割がある」と励ましてくれた方もいましたが、やはり簡単に開き直ってはいけないような気がして、喉に小骨がひっかかったようなすっきりとしない気持ちを今も抱え続けています。


僕は今、切実さということについて考えています。
あの日以来、以前にも増して、自分の力の及ばないところで不意に寿命が終わることがある、ということを強く意識するようになりました。それは恐ろしいというよりも、なんというか、「しっかり生きろ」と言われているようで、安堵感にも似た感情を僕に起こさせています。

「しっかり生きる」ということは、僕にとっては「しっかり感じる」ということなのではないかと思っています。

季節は、様々な、本当に多彩なディテールをもって目の前で揺れ動いています。風の痛さや柔らかさ、遠くの雨雲のにおい、靴底の下のアスファルトのさらに下で蠢く気配、それを感じ表せる自分でいたい。
そしてその目の前で揺れるディテールは30億年前から続いてきて今そこにあり、これからも僕がいようがいまいが全く関係なくずっと続いていくことであるということを意識していたい。

今この瞬間目の前で揺れるディテールとの出会いが瞬間瞬間奇跡的だということを忘れたくはないのです。



IMGP6675.jpg


目の前のいけられた花がどこか心の原風景のようなところに連れていってくれる力を持っていることを僕は信じています。

植物はただ無表情にそこにあるだけです。が、僕たちはそこに希望へのささやき声を聞こうとします。それは滑稽なようで実はとても豊かなことなのではないかと思っています。

そして、僕の作るうつわがアンプのような役割をして、希望の声がより聞き取りやすくなるような、そんな仕事をしていきたいと思っています。

明日からまた1年、僕はしっかり生きられるだろうか。
顔を上げたその先で、切り株から伸びた一枝の梅の花が「私は生きる」と静かに強くささやいているような気がしました。



040.jpg
ものづくり 23:33 comments(0)
ご来場ありがとうございます
瀬沼健太郎硝子展、無事閉会いたしました。

開催期間は決して長いものではありませんでしが、たくさんの方々にご来場いただき大変感謝しております。

私の展覧会に何度も足を運んでくださるお客様もいらっしゃって、とても嬉しく思っております。どうもありがとうございます。

今後もみなさまに楽しんでいただけるような作品制作に取り組んでまいります。
ものづくり 21:50 comments(0)
「不惑」は霧中
 今日ふと思ったこと。

今日ふと思いました。

ものづくりをするにんげんとしてどうなのかとは思うけど。


木や森や海や動物たちはイノセントで、その純粋さ故に人はそれらの者たちに惹かれるのだけど、ぼくはむしろその自然の中に真実を求めようとする人間に愛おしさを感じるのです。


ガラスも花もぼくの表現手段として最高に重要なモチーフだけど、
もしかしたら、ガラスよりも花よりも、ヒトが好きなのかも。


愚かで矛盾を抱え悩みにさいなまれても、それを抱え、生きる人に美しさを感じます。
愚かで矛盾を抱え悩みにさいなまれても、それでもより賢く生きようとし、またその叡智を後世に伝えようともがく人に美しさを感じます。

ああ、でも、そんな人の営みへの尊敬がぼくに作品を作らせているのかも、とも思えてきました。


40歳を目前にして、それでも「不惑」は霧中です。


ものづくり 21:35 comments(0)
TDW
 行ってまいりました。東京デザイナーズウィーク。
今回は現代アートも巻き込んでのイベントとなっており、見応えは十分。

しかし、全体的に感じたことはフェイクとバーチャル。
それ自体が悪いことでないことは重々承知の上ですが、手応えやリアル感の無さには戸惑いました。(もしかして、私が古いのか?という不安も感じつつ。)

人間が素材を配下におさめようとすることで生まれる矛盾。それにだれも言及しない、内なる宇宙本位な表現の数々にめまいを起こしそうでした。

しかも表題が正論っぽいから余計たちが悪い。
エクスキューズと一方で垣間見える開き直り。

「美しい」や「綺麗」が死語となった世界は幼く荒涼としておりました。

まあ違う視点から見れば、そんなこと言ってる私が取り残されているのかもしれませんが…
自戒。



ものづくり 21:40 comments(0)
はなをならう。
花器を作り始めたのが卯辰山にいたころだから、かれこれ10年以上花入れつくって花いけて…という仕事をしてきたことになります。

その間、工房勤めや他の仕事をしながら発表してきたのですが、回数をこなすと自分のスタイルのようなものが生まれてくるのです。スタイルっていうのはたちが悪いもんです。そんなもの持ったらね。あとは腐っていくだけです。

同時にドキドキも薄れていくんですね。「自分の花はこのままでいいのかな」と思い始め、東京に越してきたのをきっかけに思い切って花を習うことにしました。

自分の花について、(花じゃなくてもなんでもいいんだけど)「なんか違うなぁ…」と違和感のようなものを感じたら、その作品は大概ダメなものです。なんで?どこが間違ってる?と考えるわけです。


習いに通ってみて色々とわかりました。


お茶の世界に真行草ということばがありますね。
私の花はその「草」のまねごとだったわけです。

というわけで「真」を勉強中。
でも同時に真行草の枠の外にも足場を作らないと、ぐるぐる巻きにされて息が出来なくなっちゃうんだろうな。


というわけで、厳しく優しく怖い先生、川瀬敏郎さんがとんぼ社のブログで、365日毎日一花のなげいれをなさってます。
ご覧あれ。

一日一花 川瀬敏郎
ものづくり 14:20 comments(0)
確認申請
春から作る作るといいつつ全然進まない工房の建築ですが…

概要もやっとこ決まり、あとは市役所に提出する確認申請が通れば着工となりました。

しかーし、この確認申請とやら、厄介なもんですわ。
今回はこの建築確認申請を自分でやっちゃおうという大胆な決断をしたのですが、もう、後悔先に立たずとはこのことか、と…

書類、図面、書類、図面、書類…(続く)
八王子市役所にも何回通ったことか…

これから工房を建てようと思っている方、建築確認申請するなら専門家に頼んだ方が良いです。(きっぱり)

来週には提出!できるかなぁ…


ものづくり 20:13 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
Twitter
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS